« シルバーウィーク、さすがに混んでいました | トップページ | 今年の栗拾い »

2009年9月25日 (金)

ジャック・オ・ランタン

もともとアイルランドでは”かぶ”だったんですって

Photo

 話がアメリカに伝わってから、なじみ深いカボチャに変わったそうです。( ̄。 ̄)ホーーォ。

 後ろ3分の1はおかずになりました。甘くて美味しかった

今日の晩御飯

さごしの塩焼き、ホウレンソウのピーナツ和え、カボチャのサラダ(キュウリ・スイートコーン・きくらげ入り)

9月21日、旅行1日目

 寝坊してしまった為、出発が8時半ごろになりました。鳥取に到着する頃はかなり混雑するだろうと、覚悟はしてましたがすごかった。市内に入るなり混雑しはじめ、砂丘直前は殆ど車が動きませんでした。
 何とかたどり着いたのがほぼ12時。空腹というほどではなかったので、まず砂丘に登ろうと張り切って息子は駈け出しました。
 体力的について行けないので、もう、ほったらかしです。勝手に行っといで~

9

 遠くから見ると判りにくかったけど、結構急な斜面です。これを3回往復した息子の体力に驚きました。ちょっと元気を分けてもらいたいな~。

 お昼を食べようとお店に入ったら、2時前には食材が品切れで何もない。食べそこないました。予想以上の人出だったという事ですかね。仕方なく持って行ってたおやつと飲み物で誤魔化すことに。ある意味これも非日常です。

8 7

 砂の美術館です。建物ではなくテント張りですが、こんなので1月まで保存できるのでしょうか?
 見るなら早い目の方が壊れてなくていいかもしれませんね。

 木枠に砂と水を入れ、叩いて固めてから削り出すという作り方をしているそうです。展示期間が終わって崩すのはもったいないな。でも、その儚さがより美しく見せてくれるのかも知れませんね。

 夕方4時ぐらいにはかなり疲れたので、早い目にホテルに行って休もうと出発。ナビのおかげで迷うことなく到着しました。
 息子がインターネットで探して、口コミをちゃんとチェックして決めたホテルですが、う~~ん・・・古い!ちょっと嫌な予感がしましたが、部屋の掃除はちゃんとされてるようでした。従業員も親しみやすい感じで、仕事中に息子が話しかけてもにこやかに返事をしてくれてました。お料理も手の込んだ物が12~3鉢。先付けが1皿に6種類ぐらい乗ってたので品数にすると更に多いです。食べきれなくて少しもったいなかったな。
 温泉のお湯も肌がツルツルになっていいのですが、設備はやはりかなり古い。

 周りの温泉街も、もうすでにやる気が無いって感じの雰囲気。優しい従業員さんには悪いけど、リピートは無いな。うん

22日、旅行2日目

 前日の快晴から一転。雨で始まった1日でしたが、9時ごろにはやんで助かりました。予定していた『鳥取砂丘こどもの国』に行きました。
 10数年前、夫と2人だけで行った時は、「これで入場料取るんかい」って腹が立つような何もない場所でしたが、すっかり様子が変わってました。これなら子ども達も大喜びでしょう。入場料もなんとも良心的です。近所ならきっとお弁当持って入り浸っちゃうだろうな残念だったのが超混雑して木工体験が出来なかった事かな。次に行きたい場所があるので、昼過ぎに出発です。

 『わらべ館』 ここも前回旅行に来た時に楽しかったので、是非息子も連れて来てやりたかった所です。

2  

 木のおもちゃで遊ぶ場所から動きません。ものすごい集中力です。

 帰りの時間があるので、4時過ぎには出発。息子が一人で遊んでる間休めたような疲れたような?帰りの渋滞を気にしながら車を走らせました。
 佐用のインターに向かう途中から込み始めました。道の駅もかなり混雑してます。トイレ休憩はスーパーでもどこでも、入れる所に入った方がいいですね。コンビニも見かけませんでした。
 ようやく高速道路に入り、スムーズに走り始める頃には日はとっぷりと暮れてました。途中のサービスエリアで夕食。吉川あたりから渋滞になってると電光掲示板に出てたので、潔く吉川で高速を降り、下の道を走って帰りました。その頃には雨がザンザン降ってました。いや~、何とか旅行中は雨に祟られずに済んで良かったです。

|

« シルバーウィーク、さすがに混んでいました | トップページ | 今年の栗拾い »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。